費用の相場は地域によっても大きく変わる!

注文住宅を購入するときの心得

注文住宅は、自分の理想を間取りに反映することができますし、さらには玄関の扉、各部屋の扉、お風呂やトイレのメーカー等、色々と自分の希望通りにすることができます。フローリングの床材等もいくつかある種類の中から選ぶことができます。これにより、理想通りの間取り、理想通りの資材を使って、納得のいくマイホームが完成します。 注文住宅を建てるにあたり、地域によって差が生じてきますが、これは上物の値段というよりは、大きく関係してくるのが土地の値段です。もちろん、上物でも資材の運搬や人の移動等を考えると、地域によって多少は差が生まれてきますが、上物はそれほど価格帯の違いを考える必要はないでしょう。土地のことを考えた上でどこの地域に家を建てるかが大切です。

頭金と住宅ローン返済を考えて土地を決める

地域によって土地の値段はとても大きく変わってきます。わかりやすいのは都内と都下です。地域的にはそれほど離れていないわけですが、それでも土地の値段は大きく変わります。さらに都内と地方ではもっと差が生まれてきます。注文住宅を建てる人の多くは現役で働いている人でしょうから、通勤のことを考えると、土地が安い地方で土地を購入して、そこに注文住宅を建てるという選択は難しいかもしれません。

ですから、通勤等を考慮した上で、仕事場に向かうにあたって無理のない範囲にある土地を探すのがベストです。お金に余裕が十分あれば土地はどこの地域でもよいかもしれませんが、そうではない場合は上物の検討も大切ですが、それ以上に土地は慎重に検討しましょう。

新築一戸建てを購入することは、新しい生活を発見してとても感動ができる人生で最も大きなイベントになります。