注文住宅って一体何?

注文住宅の特徴を考える

注文住宅とは、施主の注文のもとに建てる住宅のことで、メーカーとの綿密な打ち合わせにより建築するものです。従って、施主の希望を細部に渡って取り入れることができ、オーダーメイド感覚の建築ができます。最初から間取りが決まってしまっている建売住宅とは違い、自由度があるため、より自分自身の理想にかなった家づくりができるといえます。

子育てをするのにふさわしい住宅、親と暮らす二世帯住宅など、それぞれのライフスライルに合わせたプランにも対応できますし、天井の高さやドアのデザインなど細部にこだわりのある住宅設計等も可能になるでしょう。また、設計に関してだけでなく、建築現場を訪れて建築状況も把握できるので安心な部分もあります。

注文住宅はコストがかかる?トータルで考えてみよう

一般的に注文住宅というと、何かと費用が高いというイメージがあるかもしれません。もちろん、自分自身のこだわりが多かったり、高い資材を使用する場合には建築費は上がります。しかし、あまりこだわりのない部分でのグレードを下げるとか、コストの安いリサイクル素材の利用などで費用を抑えることもできます。やり方によっては、自信の希望を取り入れながら、トータルでのコストダウンを図れるところが注文住宅建築の醍醐味だともいえるでしょう。また、いつか家を手放すことも視野に入れながら注文住宅を建てることで、家自体の資産価値を高めることも可能です。その場合は、あまり流行にとらわれず、ベーシックな形で建築しておくと良いですね。

分譲住宅とは、広い土地を区画し道路や公園などを整備して1戸ずつ販売する形の住宅になります。分譲とは、分割して譲渡することです。