注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーがある!

フルオーダーって何?

家作りで注文住宅を選択するとき、誰もがイメージするのは「好きなように家を作れる」ということではないでしょうか。もちろん間違いではないのですが、より自由度の高い注文住宅にするのであれば「フルオーダー」を選択します。建てる側と住宅会社が一丸となって、希望をヒアリングしながら作り上げていくので、オンリーワンの家作りになると言っても良いでしょう。自由度の高さゆえに、建てる側もある程度の家のイメージや、知識なども必要になってきます。希望を聞いて提案はしていくのですが、建てた後に「何か違う」とならないように、自分たちでも希望を具体化できるように考えて伝えて、協力し合いながら建てていくと思えば分かりやすいです。

セミオーダーだとどうなるの?

注文住宅のもう一つの選択肢がセミオーダーです。家全体を全部デザインするのは難しいけれど、少しずつでも自分たちの住みやすいように手を入れたいと思うならこちらを選びましょう。パンフレットなどを取り寄せてみると分かりますが、ある程度規格化されていて、そこから細かく外観や家の中の設備、間取りに手を加えていきます。本格的な知識がなくても好みを中心に取り入れていきたいのであれば、十分に対応ができます。同じメーカーだと他の住宅と似たような雰囲気になりますが、完璧に同じと言うわけではありませんし、自分たち好みに気軽にアレンジした注文住宅が手に入るのです。フルオーダーとセミオーダー、それぞれの良し悪しを知って選んでみて下さい。

建売住宅のメリットは実物を見て気になる点やこだわりたい箇所の確認ができますし、価格がすでに決められているので、支払う金額が事前にしっかり把握できるので安心です。