普通の建売住宅とは何が違う?

建売住宅はすでに決まった建築方法で家を建てる

建売住宅とはその名前の通り、すでに建築されている住宅を販売する方法です。したがってそもそも建築方法の点で注文住宅とは大きな違いがあります。立てうる位住宅はあらかじめハウスメーカーなど家を建築する会社がどういった資材を使い、どういった家を建てるのかを決め、その設計に基づいて家を建築します。したがって材料は同じものをまとめて発注できますし、家の建て方も全て同じなので短期間でたくさんの家を建築できます。そのため注文住宅と比べると販売価格が安くなるのです。

そしてすでに建てられた家を購入するため、実際に自分たちが住むことになる家を購入前に確認することができます。ただし建築している工程を見ることはできません。

注文住宅は購入希望者の依頼通りに家を建てる

いっぽう注文住宅は建築を依頼する人に対して、まずはどういった家を建てたいのかの要望を聞くことから始めます。決める内容は家の外壁や屋根はもちろんのこと、デザインや部屋の数、照明の種類、コンセントの数まで多岐にわたります。そして建築会社は購入希望者の希望に沿うような家を設計し、その設計図に基づいて家を建築していくことになります。したがって基本的に材料などはその家を建築するためだけに手配しますし、家の建て方も一軒一軒異なります。ですから建売住宅と比べると注文住宅は建築費用が高くなるのです。

そして注文を受けてから建築するため、建築する工程はチェックできますが自分たちが住むことになる家を見ることができるのは実際に入居する直前です。